医療脱毛の基礎知識

knowledge

医療脱毛の痛みについて

医療脱毛の痛みについて 医療脱毛の痛みについて

医療脱毛と聞くと、エステやサロンでの脱毛より痛いのでは?と考える方も多いようです。
実際、当クリニックにお越しの患者様の中にも、カウンセリングで「痛みはないですか?」と聞かれる方は少なくありません。たしかに、痛みに強くても弱くても、痛みのないことに越したことはありませんね。 今回は、その気になる「痛み」について解説します。


痛みの原因


脱毛で感じる痛みの正体は一体何なのでしょうか。主な原因として2つ考えます。

原因1:レーザー脱毛の仕組み

一般的な医療レーザー脱毛機と言えば「アレキサンドレーザー」「ダイオードレーザー」などがあげられます。これらは、黒い色に反応するレーザーの特性を利用し、毛根を熱で破壊するという仕組みになっています。 毛根が破壊される時の衝撃で、周りの皮膚がダメージを受け、それが痛みとなって感じていしまうのです。

原因2:レーザーの熱

レーザー脱毛を行っている最中、毛根やバルジを破壊するため、どのレーザー脱毛機であっても皮下に熱を与えていきます。 この熱が皮下にたまりすぎてしまったり、急激に温度が上昇してしまうと「ヤケド」となり、痛みを感じます。 ヤケドを防ぐため、今では脱毛機に皮膚の冷却機能がついているのもがほとんどです。 しかし、その冷却が間に合わないと、痛みを生じさせてしまうのです。


痛みを感じる方への対処


痛みを感じる場合、クリニック側として患者様にできる対応がいくつかあります。

レーザーの出力を下げる

レーザーの出力を下げることによって、衝撃や熱を緩和することができます。 出力を下げると、きちんと脱毛ができないのではないかと思われる方も多いですが、多少であれば効果は変わりませんのでご安心ください。

麻酔をする

痛みを感じたくない方へは、麻酔をすることもできます。 これはエステやサロンではできない対応です。 クリニックだからこそ、医薬品である麻酔を利用することができます。 当クリニックでは¥2,000-にて麻酔を承っております。


ふじもと皮フ科の脱毛


幸いにも、当院での脱毛は痛みが少ないというお声が多いです。
脱毛時の痛み軽減の取り組みのひとつに、機器の選定が挙げられます。当院の脱毛機は2種類あり、それぞれに痛みを軽減する冷却機能が搭載されています。 痛みを感じるかは個人差もありますが、脱毛機によって大きく左右されます。 脱毛を検討する際、クリニックの使用している脱毛機の種類にも注目すると良いかもしれません。
>ふじもと皮フ科クリニックの脱毛機について


脱毛基礎知識の記事一覧へ >
トップページへ >

医療レーザー脱毛の
ご予約はこちら

【診療時間】9:30~12:30 15:00~19:00
(土曜は17:00まで)
【休診日】 水曜・日曜・祝日

はじめました

contents

コンテンツ