医療脱毛の基礎知識

knowledge

医療脱毛とエステ脱毛の違い

医療脱毛とエステ脱毛の違い 医療脱毛とエステ脱毛の違い

医療脱毛とエステ脱毛の違いは料金だけだと思っていませんか?
さらに当クリニックには脱毛が初めての患者さまも多数ご来院されており、他の脱毛方法と迷っているという患者さまも少なくありません。
より満足度の高い脱毛を行うためには、それぞれの脱毛方法のメリットやデメリットを正しく理解し、ご自身に合った脱毛方法を選ぶことが重要です。


医療脱毛とエステ脱毛では、以下のような違いがあります。


横にスワイプできます。
医療脱毛 エステ脱毛
脱毛方法 医療レーザー脱毛が主流 光脱毛(フラッシュ脱毛)が主流
脱毛効果 永久脱毛効果 一時的な減毛効果
肌質への対応 日焼け肌、色黒肌、アトピー肌、敏感肌など様々な肌質に対応 普通肌以外は対応しないことが多い
照射回数(目安) 5~6回程度 12回~20回程度
通院期間(目安) 約1年 約2年~3年
料金 エステサロンに比べて高め 医療機関よりは安め
  
脱毛方法
脱毛効果
肌質への対応
照射回数(目安)
通院期間(目安)
料金

脱毛方法の違い


脱毛方法には様々な種類があり、医療脱毛では主に医療レーザー脱毛、エステでは主に光脱毛(フラッシュ脱毛)による脱毛を行っています。

医療レーザー脱毛は、ダイオードやアレキサンドライトなどの単一波長の医療用レーザーを照射するため、太い毛や産毛などあらゆる毛質の毛を脱毛できます。
個人差がありますが、照射回数は約5~6回、1年ほどで脱毛が完了します。
対してエステ脱毛では、複数の波長を含んだIPLなどの光を広範囲に照射します。
エステ脱毛では医療レーザー脱毛ほど高出力な照射ができないため、色素の薄い産毛などには脱毛効果が薄く、十分な脱毛効果を実感するためには12~20回程度の照射回数が必要になると言われています。


施術者の違い


医療脱毛は医師や看護師などの医療従事者が脱毛を行いますが、エステ脱毛は無資格者が行うため、安全性にも違いがあります。
医療脱毛では万一ヤケドや炎症などのトラブルが発生した場合に医師がすぐ対応できますが、エステ脱毛で万が一火傷や炎症が発生した場合は医療機関での診察が必要になります。
また、医療脱毛ならエステ脱毛では脱毛不可なケースが多いアトピー肌、乾燥肌などの肌質の方でも脱毛が可能です。


脱毛料金の違い


医療脱毛が毛根部を破壊し、発毛機能そのものをなくす永久脱毛である点に比べ、エステ脱毛はあくまで一時的な減毛ですので、実感できる効果には違いがあります。
一見エステが安く見えますが、満足できる脱毛効果を得るためにトータルで考えると、医療脱毛の方がお得な場合もあります。

このように医療脱毛とエステ脱毛には違いがありますので、料金だけで比べるのではなく、様々な観点から比較することをおすすめします。
何か不安な点がありましたらお気軽にご相談ください。


脱毛基礎知識の記事一覧へ >
トップページへ >

医療レーザー脱毛の
ご予約はこちら

【診療時間】9:30~12:30 15:00~19:00
(土曜は17:00まで)
【休診日】 水曜・日曜・祝日

はじめました

contents

コンテンツ